HOME>Column>歯列矯正にかかる値段をチェックしよう!処置によって値段も様々

歯列矯正にかかる値段をチェックしよう!処置によって値段も様々

治療器具

マウスピース矯正は意外に安く済む

歯列矯正は、保険が適用されない自由診療のため高額になってしまいますが、その種類によっても値段が大きく変わってきます。最も一般的なのはワイヤーを使用して行うブラケットタイプであり、値段は80万円程度からというのが相場です。しかし最近よく見られる、透明な装置を使うマウスピースタイプは、軽度の場合なら30万円程度から利用することが出来るため、ブラケットタイプと比べるとかなり安く済ませることが出来ます。それにマウスピースタイプは見た目が透明なので、装置を付けていることが目立ちにくいというメリットもあると言えるでしょう。ただしどのタイプのものがいいのかということは、値段だけでなく歯の状態などによっても向き不向きがあるため、選ぶ際は総合的な判断が必要になります。

治療

目立たない裏側矯正は値段も上がる

歯列矯正では、ブラケットという装置が目立ってしまうのが難点ですが、目立たない方法として裏側矯正と呼ばれるものがあります。裏側矯正というのは、文字通り歯の裏側にブラケットを装着する方法であり、通常の表側に装着する場合と違って目立たないというのが大きなメリットです。ただし裏側矯正は値段が高くなってしまうことも特徴であり、通常の場合の1.5倍程度かかると言われています。なぜこれほど高くなってしまうのかというと、歯の裏側は形状が複雑で、装着する器具を患者ごとにオーダーメイドする必要があるからです。ですのでその手間と時間によるコストがかかりますし、また裏側だと歯の状態が見えにくいことから、高度な技術が要求されることも値段が高い理由となっています。